タナゴキング

後編
結局、釣り新の情報で余市港チカが来ていると言うことになり戻ることになった。
時刻は8時半。
雪がうっすらと積もっては居るが日が射していてそれほど寒くない。
防波堤から海を見るチカ様の姿は無い・・・。
とりあえず、撒き餌を撒いて港を散歩。
どこを見ても魚の姿は見えない・・・
港を一周して撒き餌を撒いた場所に戻ると!?
チカ様がいっぱ~い居るではないか!!
早速、竿を準備するが寒さで手が上手く動かない
友人はさっさと準備をして竿を垂らし始める
と同時にチカ様が釣れた!
バンバン、釣りやがる友人。
まだ、仕掛けを取り付けられないムキー(#゜Д゜)ノシ=3 バンバン
ようやく竿に仕掛けを取り付けて竿を垂らそうとした時
目の前に老夫婦が出現
俺たちが釣っている場所を見たとたん、速攻で釣りの準備を始め
俺たちが竿を垂らしている場所に無言で割り込んできた!
俺、ハァ?(゜Д゜)y─┛~~
老夫婦もチカ様を釣り上げ始める。
いや~、良く釣れるね~」と俺たちに話しかける。にこにこしながら・・・。
友人、俺「そうですね~釣れますね~」( ´Θ`)ノ ~
「・・・・・・違うだろ!?」と心の中で思いつつ釣るのに忙しい。
1時間ほど夢中に釣りをしていて周りを見てみると・・・。
いつの間にか大勢の釣り人達に囲まれてる!!
このチカ様は俺たちが撒いた撒き餌に来たのに、このモノどもは~!!
と思いながらも釣りに忙しくとりあえず、俺たちの仕掛けの周りだけ
撒き餌を捲き釣り続ける。
平均15cmほどのチカ様が釣れる。
しかし、波が高いのでダブルでは釣れず、しかも餌がすぐに取れてしまう。
3時間経過したころ、パタリと釣れなくなる。
ここまでで、2つの仕掛けを失ってしまった・・・
さらに、仕掛けも最後の1つ
慎重に釣りをする。
釣れなくなったので仕掛けの長さを調整すると・・・・。
釣れ始めた!
しかし、形が違う!?なんだこれ?ちっちゃい魚。
タイの親戚のタナゴだ!
だが、サイズが10cm前後と小さく、食に耐えられないと友人が言うのであえなく、海に戻す。
また、竿を垂らす。
釣れる10cmタナゴ。
再度、竿を垂らす。
釣れる8cmタナゴ。
再々度、竿を垂らす。
釣れる極小タナゴ。
ムキー(#゜Д゜)ノシ=3 バンバン
俺様はチカ様を釣りに来たんだぞ!
小型のタナゴなんて要らない~!!!
と言ったのが届いたのか、今度は20cmのタナゴが釣れた!
コイツは食えるぞ!塩焼きにしたら美味いと友人。
その後、チカ様狙いで仕掛けを浅く設定。
すると、今度はチカ様が釣れ始めた~。
しかし、タナゴが釣れる方が多い。しかも、小型ばかり。
結局、12時頃に、大きめのアラレが降ってきたので終了。
戦果は釣って逃がした数が20匹弱。
食べられそうな大きさの物は7匹。
チカ様は18匹で終了。
友人は50匹弱釣った。
友人より多くタナゴを釣ったので友人から
タナゴキング」と命名された・・・。
波が高く荒れている状況では十分の戦果となった。
しかし、チカ釣りの連中はマナーが悪すぎ
まぁ、釣り人じゃないからしょうがないけどね。
次回は来月にホッケ様を釣りにいくぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック